【エフェクター 買取】BOSS ME-80 マルチエフェクター 最上位機種 ニュー・フラッグシップ・モデル

BOSS ME-80.jpg

BOSS ME-80 マルチエフェクター 最上位機種 ボス ニュー・フラッグシップ・モデル
買取上限価格 17000円

サウンド、使いやすさ、コンテンツをさらにブラッシュ・アップしたMEシリーズのニュー・フラッグシップ・モデル。 直感的操作が可能なつまみや8個のペダル・スイッチなど、シンプルでわかりやすいユーザー・インターフェースによりストレス・フリーなライブ演奏が可能に。 厳選された実戦向けサウンドを搭載。
BOSSから、新しいマルチエフェクターが登場です。
この「BOSS ME-80 Guitar Multiple Effects」は、BOSSの定番マルチエフェクターの1つ、BOSS ME-70を発展させたようなスタイルのマルチエフェクターです。
まず、ME-80用に新規にブラッシュアップしたという、METAL、CRUNCH、DRIVEなど9種類の最新COSMアンプを搭載しています。アンプモデリングはさらに進化を遂げ、ヴィンテージアンプサウンドをより高い次元で再現し、ピッキングなどのレスポンスもより向上したとのことですね。もちろん、COSMアンプの特徴でもある、従来のアンプサウンドを超えた範囲でのコントロールにも対応しています。GAIN、BASS、MIDDLE、TREBLEコントロールを使うことで、直感的に、アンプを操作するように音作りが可能とのことです。
さらに、BOSS OD-1やBOSS DS-1、最新のBOSS TE-2やBOSSMO-2に至るまでのBOSS歴代のサウンドを厳選し、ブラッシュアップして搭載。最大38秒までのフレーズループも装備しています。
コントロールはPREAMP、COMP/FX1、EQ/FX2、OD/DS、MOD、DELAY、REVERB、PEDAL FXのセクションが独立していて、FX2セクションを使うことで複数のモジュレーションやディレイをかけるような使い方もできるようになりました。+2オクターブまでのピッチベンドやフリーズ機能など、飛び道具的なエフェクトも備えています。OUTPUT LEVELノブが独立しているのも操作性が良さそうなポイントですね。
そして、今回の注目の1つがフットスイッチです。従来の大柄なフットスイッチではなく、より小型ながら操作性の高いスイッチを使うことで、コンパクトなサイズに8つのフットスイッチを装備。バンク操作や各エフェクト/アンプの操作など、多彩な操作を即座に行えるようになっています。
そして、おもしろいのが専用のパッチダウンロードサイトがあるということ。これは専用ソフトウェアBOSS TONE STUDIOからアクセスできるサイトとなっているんですが、そこでは「プロ・ミュージシャンが作成したスペシャル・パッチや憧れの名曲の音色」を入手できるということで、まるでTonePrintシリーズのような試みを行っています。
最新のマルチエフェクターらしく、PCとの連携も強化されており、USBオーディオインターフェイス機能や、専用のBOSS TONE STUDIOソフトによる操作で「BOSS TONE CENTRALからダイレクトに最新のパッチを取り込み、それをライブラリアン機能で自由に配置、ワンアクションで瞬時に呼び出し可能。エディター機能で好みのサウンドにカスタマイズも可能」といったこともできるようになっています。
さらに、アダプタだけでなく単3電池×6本の駆動にも対応しているのがMEシリーズらしいところですね。
44.1kHz、24Bitの音質で、ユーザープリセット36、ファクトリープリセット36の計2プリセットを搭載。ディスプレイは出来る限りシンプルに作られており、本体の操作はあくまでアナログペダルのような感覚で行える作りとなっています。
入出力系もシンプルで、1IN2OUTのステレオ対応、およびREC OUT/PHONES端子、AUX IN端子、USB端子のみで構成。あとは電源スイッチとアダプタ端子が背面にあります。